FXの相場師はシストレソフトを改良して取引を行っています!

最近の投資銀行のトレーダーは、本当の意味でのサラリーマンです。
投資銀行と銀行では言葉は似ていても全く違う組織でしたが最近では似通っています。
このような硬直化した組織を嫌って自分に自信があるトレーダーは組織を飛び出して自分で取引を始めています。
昔はこのような一匹狼的なスタートレーダーに多額の報酬を支払っていた時期もあったようですが、そのような例も減りました。
このような一匹狼のトレーダーは、自分で市販のシストレソフトを改良して自分の使いやすいものにして相場に臨みます。
このような人が大手のFX業者で取引の実演をしていることがありますが、5分か10分ほどの間に利益をバンバンと出している光景は参加者にFX取引の魅力を十分伝えているでしょう。